スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

アメリカのサプリメント副作用について!

 サプリメントの副作用は、アメリカでも無視できないようです。サプリメントにわかりやすい表示をつけて詳細なデータを求める一方、どのサプリメントを購入するかは購入者の選択次第という状況が、アメリカでは法律で決まっています。

現時点の日本ではサプリメントの販売で効能や効果の表示は制限されており、サプリメントを選ぶのは行政側という状態です。いずれにしてもアメリカでは、副作用問題が少なからずおきているようです。

FDAにはおうど、吐き気、下痢、頭痛等副作用の報告が、数多く寄せられているそうです。程度の悪いものでは死者が出たと報告もあり、サプリメントの摂りすぎや体質との相性よる副作用が原因だと考えられています

日本国内でも、エフェドラという中国のハーブの取り扱いが問題視されたことがあります。痩せたい人に
効き目があるハーブとして、エフェドラは日本では薬扱いでしたが、アメリカではサプリメントとして広く
販売され使われていました。

エフェドラは、いまでは販売が認められていません。副作用の起こり安さという点では、薬よりサプリメントが安全ですが、必ずしも万全とは言い切れません。正しい使い方、頻度や用量を守らない限り,後遺症や副作用のリスクがあります。

抵抗力が落ちている場合や調子が良くない時にサプリメントを摂取すると、副作用の可能性が高くなることもあります。サプリメントは、正しく使えている限りは健康増進や病気予防に効果的ですが、副作用を
防ぐため、、使い方を誤らないようにしましょう。
| サプリメント | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ダイエットサプリメント

 ダイエットは永遠の女性のテーマともいえますが、近年では中年の男性にもダイエットブームが起きて
いるそうです。そこで手軽なダイエット法としてダイエットサプリメントが販売されています。深夜などの通販番組や日中のショッピング番組などでも数多く取り扱われているダイエットサプリメントですが、その効果は人それぞれになりますので、過度な期待は禁物だといえると思います。

ダイエットサプリメントの種類としては、脂肪を燃焼しやすくするもの、余分な栄養素を吸収しにくくするもの、お通じを良くする物と大きく3種類に分けられるト思います。ここであくまでもサプリメントは薬ではありませんので、サプリメント単体での効果はなかなか得ることが出来ないことが多いようです。適度な
運動、生活習慣の改善のサポート的な部分での使用を心がけてください。

燃焼系のダイエットサプリメントにはα−リポ酸L−カルニチン、カサイプシンなどの栄養素のサプリメント
が扱われています。これは脂肪を燃やしやすい体質に導くもので、ダイエット効果を得るのであれば
適度な運動はは不可欠になります。また余分な糖分や脂肪を吸収しにくくするとして白いんげんの成分であるファビノールやキトサン・レシチンなどがあります。これらは食前,食後のどちらかに摂取する事で食事に含まれた、余分な糖分・脂質を吸収しにくくし、体外へ排出する作用を持っています。

つまり食事制限をするのが辛いという人向けのサプリメントといえるでしょう。ダイエットの天敵としてお通じの問題もあります。いくら食べ物を制限したり、運動してもお腹に便が貯まっていてはダイエットにはなりません。しかしダイエットを行うとお通じが悪くなる人も多いそうです。そこで、食物繊維やケフィアなどの成分を含んだサプリメントが効果的といえます。便秘症だからと言って、下剤を常用するのは良くないので、なるべく自然な形でのお通じを促し、ダイエット効果を相乗させましょう。


| サプリメント | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

サプリメントの効能

syoujyouni サプリメントはその栄養素によって様々な効能を持つといわれています。症状にあわせたサプリメントを摂取することで、症状を緩和・改善することも可能なのです。サプリメントは薬ではありませんので、
短期間の摂取で症状が改善されることはほとんどありません。しかし、継続的に摂取することで、症状を
緩和させたり、予防したりすることは可能であるといえます。最近では生活習慣病といった昔ではありえなかった病気などもあります。

これらは昔に比べ飽食になり、栄養素の偏りや運動不足がつつく事から発生した病気といえます。
これらの改善には日頃からサプリメントを摂取したり、運動したりして生活習慣を改善することで、病気の
重症度を軽減することも可能になっています。つまり治療まで出来ませんが、自然の力で行える病気予防・症状緩和といった効能があるといえるのではないでしょうか。しかしこのような効能があるからといって、多量にサプリメントを摂取することは逆効果になりますので、何事も決められた量をきちんととるようにしましょう。

また病気ではありませんが、二日酔いや疲れ目、抜け毛、頭痛などの症状がある方なども、サプリメントを摂取する事で症状の緩和をすることも可能です。昔から民間療法などで○○には△△を飲むとよいなどというものがあります。これらもサプリメントと似たようなもので、その食品に含まれる成分が、つらい症状の緩和に作用するという効果を持っている方法なのです。ですから症状に適したサプリメントを摂取する事で民間療法と同じ効能を得ることが出来ます。どのl成分がどの症状に効果があるかを調べて、自分が改善したい症状に適した栄養分を含んだサプリメントの摂取うをして、生活習慣を改善していきましょう。
| サプリメント | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

サプリメントの種類

 サプリメントとして販売されている栄養素は実に多くの種類があります。ビタミンはもちろんですが、
ミネラル、たんぱく質、脂肪酸、食物繊維、ハーブ、ホルモン、酵素、糖類などなど大きく分けても
まだあります。

さらに、ビタミンだとビタミンA・B・C・などは有名ですが、最近サプリメントや化粧品などでも話題の
コエンザイムQ10はビタミンQになり、現在では13種類のビタミンがサプリメントとして使用されています。たんぱく質・アミノ酸で有名な種類だとコラーゲンやラクトフエリン・グルコサミン・タウリンなどが上げられます。ミネラルは最近私たちの食事では、一日に必要な摂取量を取ることが難しくなつているため、
多くの人が摂取しているサプリメントの種類ではないでしょうか。

ミネラルというとカルシュウムや鉄分、パナジウム・リンなどがあります。その他身体DHA(ドコサヘキサエン酸)やオレイン酸、キトサンなどの食物繊維など、ここに上げきれないほどの栄養素がサプリメントとして販売されています。しかし、どれも一度ぐらいは、きいたことがあるような栄養素だという印象を受けます。それだけ私たちの生活に密接した健康食品が多く存在するということではないでしょうか。

また本来であれば、これらの栄養分をサプリメントではなく、食事から得られるのであればサプリメントを
取る必要はないのですが、それが改善できない人も多いのが現状だといえるでしょう。
また栄養素の中には複合してして摂取することで、その効能を相乗してくれる栄養素もあるため、
これらを混ぜ合わせたマルチサプリと呼ばれる複合サプリメントも販売されています。最近では、
薬局だけでなく、コンビニ・通販でも数多くのサプリメントが販売されていますので、自分にあった
サプリメントを探すことも可能だといえます。

| サプリメント | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

健康食品とサプリメント

 サプリメントとは、不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助することや、ハーブなどの成分による薬効の発揮が目的である食品のことをいいます。他にも生薬、酵素、ダイエット食品などの、様々な種類のサプリメントがあります。またサプリメントは、人体に与えられる物質という意味で食品意外にも用いられることもあります。今回は栄養補助食品、健康補助食品とも呼ばれるサプリメントについてのお話をしようとおもいます。

サプリメントと一緒に健康食品といつたものがあります。これは健康の保持増進の役立つものであると、機能が宣伝され販売・利用されることで、学術的な認識とは独立して社会的な認識においては他の食品特別される、一群の食品の事を言います。健康食品のなかには、特定保険食品なども含まれています。
形状は粉末から、カプセルなどのサプリメントと同じようなものから、ヨーグルト・お茶といった普通の、
食品の形状までと、色々とあります。

サプリメントが法的には食品に分類される関係から、サプリメントと健康食品を一緒に考えがちですが、
定義を見てみるとその違いが良くわかります。健康食品の中でも安全性・有効性が国に認知されたものを、保険機能食品と呼び、他の健康食品とは区別され、サプリメントはここに分類されています。

サプリメントは栄養素そのものを錠剤やカプセルといった形状で、薬のように摂取しますので、その効果
などは人によって差はありますが、普段の食事で不足しがちな栄養素の補給という意味では学術的な
認識ももしっかりしています。しかし、健康食品のなかには、宣伝が誇大にされていて有効性については、疑いが残る物も数多く存在します。このような宣伝は違法なのですが、現状でこういった違法な
宣伝をおこなつている健康食品も少なくありません。

サプリメントや健康食品の購入でわからないことがある場合は、お店の薬剤師さんやかかりつけのお医者さんに相談されても良いと思います。現在医師の治療を受けられている方は、特に、治療に影響
するもの物も中にはあるので、きちんと申告をしましょう。


| サプリメント | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

サプリメントの副作用?

 サプリメントに副作用はあるのでしょうか?薬とサプリメントは違うものなので、サプリメントの副作用、
リスクは低いと見なされています。しかし一部には医薬品との相性が悪いもの、妊娠中や授乳中に、
摂取しない方が良いものもあります。

もしあなたが医薬品を飲んでいたり妊娠中や授乳中の際には、必ず担当医に相談してからサプリメントを、摂取しましょう。今まで、医療従事者側はサプリメントに対して特別な働きかけはしてきませんでした。

この頃はサプリメントを使う人も増加し、医療機関側がサプリメントの使い方について何もいわないということは難しいといいます。97年の規制緩和も手伝ってビタミン、ミネラル、イチョウ葉等のハーブ類約200種類が、食品と明示し、効能や効果をうたわない事を条件に、錠剤のような形状で市販できる
様にもなっています。

今の日本では、サプリメントだけで数千億円の取引がされています。そのため、サプリメントと普通の薬
との関係や副作用から目をそらしてはいられなくなっています。また、サプリメント自体に副作用が
発生しうる場合がないわけではありません。

生活が不規則だったり人にとっては、サプリメントによって足りない栄養を補充できることはとても嬉しい、ことではあるのです。失敗しないサプリメント使いをする為にも、どんな風にサプリメントを使うと
副作用がなく飲み合わせもいいのか、自分で調べるといいでしょう。

| サプリメント | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

サプリメントの種類と飲み合わせ

 サプリメントの摂取量や飲み合わせに、たとえ食品に相当する種類のサプリメントだとしても、
気を付けなければならないでしょう。その効果は、記載されている基準量より多く摂ったとしても、
高まると言うことはなく、そのまま尿中に排出されてしまうものなので、気をつけましょう

脂溶性ビタミンは、過剰摂取により体内の脂肪とくっつきあい、体内に蓄積されてしまいます。このように、サプリメントを過剰に摂ることで、かえって健康を害してしまうということもありえます。

やみくもなサプリメントの過剰摂取のせいで、内蔵の機能を壊してしまったと言う人もいるといいます。
子供と高齢者、病気治療中で服薬している人人などにとっては、更なる注意が必要になります。

内蔵機能が低下する傾向にある高齢者では、自覚していない病気が潜んでいることもあり、
サプリメントを利用する前には医師の指導を受けたほうが無難です。飲み合わせにより重い
相互作用を引き起こすサプリメントの種類も、病気が見つかり服薬中であれば、老若男女関係なく、
あるので注意が必要です。

飲み合わせで効果が高まるサプリメントもあります。その例として、食物繊維と一諸にとると、
食物繊維に吸収されやすくなるのが、ミネラルのサプリメントです。過剰摂取や飲み合わせによる、
問題を効果が自覚されるまでの間に、どの種類のサプリメントも使用上の注意をきちんと、
守らなかったりしたときは、引き起こしてしまうでしょう。

きちんとサプリメントの種類を確認して、慎重にふだん口にする食品や医薬品と同じように選択してから、サプリメントをうまく自分の生活に取り入れていきましょう。





| サプリメント | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

どんな種類のサプリメントを購入するか?

 たくさんあるサプリメントの中から、どんな種類のサプリメントを購入するかを見つけることはなかなか、
大変です。
いつ、何で飲むかによって、サプリメントのなかには効果が左右されるものもあるといえますし、
成分の吸収力は

飲み合わせによって、影響があるということもあるでしょう。

例えば、ビタミンやミネラルなどの種類は、食事と一緒に摂ることで吸収がよくなります。アミノ酸などの、
エネルギー代謝を活性化するサプリメントを摂取するのに効果的なのは、スポーツの前です。

基本的に水で飲むものといえるのがサプリメントなのですが、水以外のものでのむことにより、
サプリメントの種類によっては効果的に吸収できるものもあるそうです。
ビタミン/βカロチン・DHA/などの脂溶性栄養素は、水で飲むよりも
牛乳でのんだほうが吸収されやすいようです。

これはぜひ試していただきたい飲み方で、サプリメントの吸収力を、
牛乳に含まれている乳脂肪がより高めてくれるでしょう。
柑檎系ジュースに含まれるビタミンCとクエン酸が作用するので、
カルシュム・マグネシュム・鉄などのミネラル類はオレンジジュースで飲むのが
一番効果的だといえるようです。

それとは反対に、注意しなければならないのがコーヒーやお茶で、カフェインやタンニンの影響により、
種類を問わずサプリメントの吸収を妨げてしまいます。
一つの栄養素だけで、どんな種類のサプリメントも、効果を発揮するわけではないのです。

サプリメントだけでなく普段の食生活にも気を配り、バランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。 大切なことは、サプリメントの種類によって適した摂取方法をまもることであり、
出来るだけ早く確実な変化を実感できるようにしていきましょう。




| サプリメント | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

サプリメントの種類について

  サプリメントの種類があまりにもたくさんあるので、サプリメントを生活に摂りいれてみようと思っても、

どれを試してみたらよいのか迷ってしまう人もおおいのではないでしょうか。

そのような場合に知っておくとよいのが、どんな種類のサプリメントがあるかということです。


実は、世界中にある数え切れないほどのサプリメントとはいえ、種類別に分別することができるのです。

まず、生命維持のための最低必要栄養分の補充として日常的に摂るサプリメント。

もうひとつは、特定の肝機能や血管などの機能を強化する為に摂取するサプリメント。

また、サプリメントを、乱れがちな代謝や生体リズム、神経のバランスを調整する為に摂るというものがあります。

サプリメントはこの三種類に分けられます。 ほとんど全てに人に、健康を維持し、

病気や怪我の予防を目的とするサプリメントは、不可欠なサプリメントであるといえます。


通常の食事から誰もが簡単に摂取することが可能なサプリメントです。これは主にビタミン、

ミネラルなどのサプリメントになります。

通常の食事からは摂ることが難しい成分を含んでいるのが、機能強化やバランス調整に

役立つサプリメントで、これは個々に人の体調や目的に応じて摂取しなければなりません。

実際にサプリメントを購入する時には、中に含まれている成分を確認して、価格だけにとらわれずに、

自分の目的とサプリメントの種類が合っているかどうかしっかり検討してからにすることをおすすめします。


| サプリメント | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

食事の工夫と体の関係

 たをれてからは、いろいろ考えるようになる。 散歩をするし、酒もたいして飲まなくなりましたし、

食事もいろいろ工夫します。  野菜を多くたべるようになりました。

野菜や果物には旬があり、当然、旬のものはおいしいし、栄養価が高い。

おいしくて、体よいものを、たべることはぜいたくなことだ。

だから、季節、季節の食べ物を覚えておこう。

春のグリンピース、夏のトマト、秋のきのこ、冬の大根、太陽の恵みを受けて、ノビノビと育つ、

野菜や果物は、神様が季節ごとに、作ってくれた特別のおまけかな・・・・・

人間の体は、病気や疲れを、自然に回復する力をもっている。  だけど、いそがしかったり、

生活が不規則だったり、気持ちが沈んだりすると、その力が発揮できなくなる。

せっかくあるパワーを、利用しないのはもったいない。 だから、体の中にある力をひきだせるように、

生活をほんの少し、見直して生きてみようとおもう。



| - | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
あし@さんの貼付けタグ
microad
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM